ブルーベリーの品種 じんば青

果物狩り・味覚狩りのできる観光農園 ブルーベリー狩り 観光農園の果物の特徴

じんば青
この品種は、「スパータン」の自然交雑実生から選抜して育成されたものであり、果形は扁円、果皮の色は青、育成地(長野県上伊那郡中川村)において7月上旬に成熟する早生種である。 樹姿は直立、樹の大きさ及び樹勢は中である。新梢の長さ及び太さは中、休眠枝の色は赤褐、分枝性は中、節間長は長である。葉形は長だ円、先端部及び基部の形は中、葉色は緑、葉の大きさは中、葉身の波曲及び鋸歯の有無は無である。花冠の大きさはやや大、形は鐘形、開口部の大きさは中、花冠の色は淡緑白、稜線の有無は有、着花数は中である。果房の長さ及び粗密は中、果形は扁円、果実の大きさは大、果皮の色は青、果粉の多少は多、萼の開閉は半開、萼あの大きさは中、深さは深、形は円形、果柄痕の大きさは中、肉質は軟、果肉の色は淡黄である。甘味は中、酸味は少、香気は有、種子の多少は多である。開花期は中、成熟期は早、収穫期間及び脱粒性は中、裂果性は少である。 「スパータン」と比較して、果房が短いこと、果粉が多いこと等で、「アーリーブルー」と比較して、葉形が長楕円であること、萼あが深いこと等で区別性が認められる。
主なブルーベリー品種 おおつぶ星、あまつぶ星、オノ、ウィトゥ、はやばや星、レッドパール、オレンジパール、ブルーパール、フロリダサファイア、パルメットー、ホルトブルーハーモニー、ホルトブルーペティット、フクベリー、バーノン、じんば青、うつぎ青、カミール、ホルトブルー メロディ、えぼし青、オクラッカニー、

この記事にコメントする

カテゴリー

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン